❤️白真美玲❤️

ただ舐めるだけじゃない!男性が喜ぶフェラの種類!

フェラ

男性が喜ぶ前戯の一つにフェラチオがあります。

男性器をお口で舐めるあれです。

男性はもれなくフェラをされるのが好きと言っても過言ではありません。

しかし、女性からすればどうすれば気持ちいいのか、どうされるのがいいのかよくわからない部分もありますよね。

せっかくするのであれば「うまい!」「気持ちいい!」と思ってもらいたいと思うのが女心というもの。

今回は、舐めるだけじゃない!男性が絶対に喜ぶフェラの種類や方法を紹介します。

基本から見直して「この子のフェラは気持ちいい!」と思ってもらえるようにしましょう。

 

男性が喜ぶフェラの種類と方法

 

フェラをした事のある女の子は多いと思いますが、ただ舐めていれば気持ちいいだろうと思っていませんか?

もちろん男性器は敏感なので触れられるだけで快感を得る事が出来ます。

だけど、ペロペロと舐めているだけでは味気ないですよね。

舐め方も単調になってしまうと、男性も少し飽きてしまうかも。

では、男性が喜ぶフェラとはどんなものがあるのでしょうか?

 

・唾液の量も大事

フェラをする上でテクニックも必要になりますが、まず初めに重要になってくるのが唾液の量です。

唾液の量が少なくては男性も快感を得にくくなりますし、何よりフェラにしにくくなります。

多すぎるかな?と思うくらい十分に唾液を含ませてからフェラをするようにしましょう。

唾液が出にくい場合は、セックスの前に水分をよく取る、飴を舐めておく、酸っぱいものを思い浮かべるなどの方法があります。

まずは、唾液の量を多くする事から始めてみましょう。

 

・ローリングフェラ

フェラの中でも比較的簡単に取り入れやすい方法です。

ローリングフェラというと何だかテクニックを必要とするような気もしますが、実は簡単。

その名の通りローリング=回転を使うテクニックです。

頭を動かして回転させたり、舌先を使ってクルクルと円を描くように舐めます。

まずは、簡単な舌先を使ったローリングを実践し、徐々に激しくしたりして刺激を強くしていきます。

男性器は先端が敏感で感じやすくなっているので舌先を使った方法は効果抜群。

頭を動かす回転方法は、少し難しく感じるかもしれませんが、意外と簡単にする事が出来るので是非チャレンジしてみて下さい。

 

・バキュームフェラ

バキュームフェラと聞くとAV女優さんがするような難易度の高いフェラに思えてしまいますが、実はこれもコツを掴めば意外と簡単に出来るようになります。

バキュームとは真空を意味しますので、口の中に出来るだけ空気が入らないように真空状態を作ります。

口内と男性器の間を密着させるのがコツ。

バキュームフェラを「強く吸う」と勘違いしている人も多いのですが、強く吸ってしまうと男性器への刺激が強すぎて痛く感じてしまう事があります。

あくまで密着させるというのがコツになるのでそこに注意して頑張ってみましょう。

 

・裏筋舐め

これは男性の中でも断トツに人気のフェラの方法です。

男性器の裏側の裏筋に舌を這わせるようにして舐めていきます。

男性器を口の中に含む必要がないので女の子にとっても楽な方法です。

裏筋は男性器の中でも感じやすい人が多く、裏筋を舐められる事でゾクゾクします。

また、裏筋を舐める時には女の子は顔を斜めにして舌を這わせます。

その姿が男性から見ると特にセクシーで視覚的にも性的な刺激を与える事が出来るのです。

コツは髪をかき上げながら視線を男性に向ける事。

ちょっと恥ずかしいなと思う人もその恥ずかしがっている姿がまた男性には可愛く映ります。

 

・寸止め

慣れてくると、男性がそろそろイキそうなのがわかってきます。

そろそろ限界かな?という時にフェラを止めて寸止めをしましょう。

セックス自体に焦らしが必要なのと同じようにフェラにも焦らしと寸止めが効果的です。

「早くしてほしい!」「早くイキたい!」という気持ちが快感をもたらします。

しかし、気を付けなければいけないのが寸止めをずっと続けない事。

寸止めが続き過ぎてしまうと、男性の気分もじれったさがモヤモヤに変わってしまいます。

適度なところを見極めるようにしましょうね。

 

男性器の基本の名前を知っておこう

 

男性器って実は知っているようでよくわからないもの。

もちろん自分にないものだからこそどこがどうなっているのか未知の世界ですよね。

まずは男性器の名称を知っておきましょう。

 

・カリ

男性器の上の部分のエラのような出っ張ったところです。

ここは男性器の中でも感じやすく性感帯になります。

フェラはここを中心に責めてあげるのがおすすめです。

 

・亀頭

男性器の上部、先の部分です。

読んで字の如く「亀の頭」に似た形をしています。

仮性包茎の人は普段、皮に包まれている状態になってきて勃起すると出てくる部分なので非常に敏感です。

丁寧に扱うようにしましょうね。

 

・裏筋

フェラの方法でもお話したように男性器の裏の部分です。

神経が集中しているため、刺激を与える事で快感を得る事が出来ます。

意外と見落としがちな性感帯になるのでフェラをする時には、裏筋にも注意して舐めていきましょう。

 

・金玉

これは、女の子も知っている部分ですよね。

男性器の根元にある精子を作る部分です。

フェラをする時にあまり金玉を刺激する事は少ないかもしれませんが、意外にも気持ちいいという知られざる性感帯。

男性器をフェラにながら金玉を手で扱う方法も。

 

フェラが上達してきたらチャレンジしたいチョイ足しテク

 

先に紹介したようなフェラテクを習得出来るようになったらさらに上を目指してみましょう。

フェラと同時に出来るチョイ足しテク。

同時にする事でフェラだけとは違う、さらに上の快感を得る事が出来るようになります。

フェラに慣れてきたら是非試してみましょう。

 

・フェラと同時に乳首責め

フェラをしている時、手が暇していませんか?

フェラをしながらその空いた手で乳首を触ってしましょう。

乳首を触られるのは男性にされて気持ちいいと感じた事ありますよね。

男性だって同じです。

フェラをされながら乳首に優しくタッチされると、性感帯を同時に責められ気持ちよさは倍増。

余っている手で乳首を責めてみましょう。

 

・フェラ+手コキ

フェラをしている時に口だけでする必要はありません。

手でも同時にしていきましょう。

フェラで根元まで咥えるのが苦手な人にはおすすめのチョイ足し法。

男性器の根元を手コキする事で、口では先を責めるだけで十分に男性は感じる事が出来ます。

フェラに少し疲れた時にも手コキを加えるだけで手抜き感がなくなるので「ちょっと顎が疲れてきたな」と思ったら手も積極的に使っていきましょう。

 

・視線は上目遣いで見つめる

視線もフェラには重要なポイント。

男性は身体的な刺激だけでなく視覚からも性的な刺激を受ける事が出来るのです。

フェラをしている時に男性を見つめるようにすれば自然と上目遣いになります。

フェラをしている女の子を男性は「自分にこんなに尽くしてくれているんだ!」と感じます。

それに視線を合わせる上目遣いはより効果的になるのです。

 

・音も出してみよう

フェラをする時のもう一つコツ。

それは音です。

男性は視覚の他にも聴覚でも興奮するのです。

フェラをする時に濡れたような音を出すのも男性にとってはいい刺激になります。

無理に出し過ぎるとわざとらしくなってしまいますが、ちょっとだけ音にも気を使ってフェラをしてみましょう。

 

ほぼ男性全員が好きといっても過言ではないフェラ。

ちょっとしたコツを知る事でフェラテクはどんどんステップアップしていきます。

フェラ上手になって男性を自分の虜にしてしまいましょうね。

ただ舐めるだけじゃない!男性が喜ぶフェラの種類!
トップへ戻る